Posted by

2010年01月25日

Congratulation!の巻

2010年1月23日
編集長モリモリの結婚披露宴が行われました!



その様子を、ちょこっとだけですが
ご報告させていただきますicon12

大きなウェディングケーキの前でパチリ☆



満面の笑顔!本当に幸せそうでした。
しかし…こんなに大きなケーキ久しぶりにみたなぁ〜。
昔は、全部食べることができると勘違いしていたのは
僕だけではないはず…icon10

お色直しをして、キャンドル点灯♪



これから結婚記念日ごとに点火していくんでしょうね〜。

披露宴では、モリモリが名付け親になった「リトルチアーズ」が
可愛らしいダンスを披露してくれました。
その後嬉しいプレゼントも!



今回、披露宴の司会をしてくれた山本華世さん、そしてスタッフと一緒に・・・



記念撮影icon207です。

最後のスピーチでモリモリも言っていましたが、
「皆さんに支えられて迎えることができた、最高の一日でした」
本当に嬉しそうでした。
影ながら、いつも支えている(つもり)僕も
本当に嬉しかったです。

本当におめでとうモリモリ!

リトル・ママ、そしてモリモリ夫婦を
皆さんどうぞ宜しくお願いいたします♪
  


Posted by リトル・ママ スタッフ │Comments(1)ホロリ

2009年11月16日

まほうの夜の音楽会 の巻  ホロリ編

毎年恒例となったイベント
「ディズニー・オン・クラシック〜まほうの夜の音楽会」が
今年も開催されます。



リトル・ママのスタッフにも、ディズニーファンがいっぱい♪

気になるこの音楽会を間近に、
ディズニー・オン・クラシック(以下D.O.C.)の
プロデューサーである日下部さんにお会いしました。

D.O.C.の発案者でもある日下部さんは2児のパパ。
紳士然とした風貌と、柔らかい語り口は、
ディズニーの雰囲気にぴったり!という感じでした。
でも実はシャイな方のようで、写真は「ごめんなさい!icon10」とのこと。

そんな日下部さんが強力にプッシュする今年のD.O.C.
7回目の公演となる今回のテーマは「PROMISE〜愛を感じて…」。
ここで「ピンicon194!」ときた人がいるかもしれません。
そうです!「愛を感じて…」というテーマは、
今年のステージでメインとなる「ライオンキング」の
楽曲からきているのです。



写真は、メインボーカルをつとめるジェン・ザッポラさん。
卓越した歌唱力とキュートなルックスは
ディズニーの世界を表現するのにぴったり。

彼女が歌うライオンキングなどの楽曲も含め、
ディズニーの世界が持つのは
愛、夢、希望、友情、やさしさといった普遍的なテーマ。

日下部さんいわく、
「子育て中のママにぴったりの、これらのメッセージを
ステージから受け取ることで、悩みやストレス、
育児に行き詰まった状況から少しでも解放され、
1人でも多くの女性を勇気づけたい」
そういった願いがあるそうです。

「ママになっても、女性にはいつも輝いていてほしい」と語る日下部さんから、
リトル・ママ会員さんたちへのメッセージをいただきました。
「音楽でなければできない表現をちりばめて、
最高のステージをお贈りします。
きっと『スゴイ!』と言わせてみせますよ!」
会場では、観客も一緒になって歌えるような場面もあるかも…とのこと。
どういった演出なのかも楽しみですね♪



この「ディズニー・オン・クラシック〜まほうの夜の音楽会 2009」は
12月17日(木)、「福岡シンフォニーホール」で開催。

詳しくは下記icon74ホームページをcheck!
d-classic.jp/
  


Posted by リトル・ママ スタッフ │Comments(0)ホロリ

2009年10月02日

ママのイベントに潜入!の巻  ホロリ編

先日、南区のモデルハウスで、「1day shop」を
中心としたイベントがある…という情報をキャッチicon99

男性の私的には1day shopって、なんとなく雰囲気は分かるけど
実際はどんなものなの?って感じです。

というわけで、気になるこのイベントにお邪魔してきました!

9月30日に開催されたこのイベントの名前は
「1day shop contact with Quattro MODERN」
場所は南区老司の「クアトロモダン福岡 デザインオフィス」です。



会場に入ると、すでに大にぎわい!



このイベントは、「母親支援団体コンタクト」さんが企画・主催したもの。
モデルハウス全体を会場として、全7フロアをブーススペースにし、
1day shopを楽しみながらモデルハウスもチェックicon53できるという内容です。

気になる商品は

ハンドメイドのアクセサリーがあったり…



おいしそうなスイーツデコが並んでいたり



布製品や小物、古着etcと、いろんなものが
モデルハウスのレイアウトをいかしてディスプレイされています。



1day shopの他にも、
「goody」(グディ)さんによるベビマ&ベビーサインの講習会や




La priere de sakuraさんのハンドトリートメントも行われていました。



あちこちとのぞいていると、何だか楽しくなって
会場を何周もしていた私(笑)。

那珂川から来場したというママに感想を聞くと
「私も作るのが好きなので、布製品は特に縫い目や縫い方を
チェックするのですが、どの作品もとにかく上手い。勉強になりましたicon06
なるほど〜。こういう楽しみ方もあるんですね。

主催のコンタクト・高川さんは
「ここはママたちが手作りした、ママのための商品を
ママたちにゆっくり見て買っていただく場所。
私たちにとっても、皆さんが笑顔で楽しんでくれている姿を見るのが一番の喜びなんです」
と語ってくれました。

コンタクトさんでは、この秋も様々なイベントを企画中です。
詳しくは、下記HPicon81をチェック!

「母親支援団体 コンタクト」
http://park21.wakwak.com/~contact/

icon102special thanksicon102
「雑貨屋Selection」
http://selection.cafemix.jp/  


Posted by リトル・ママ スタッフ │Comments(4)ホロリ

2009年07月14日

編集部にお客さまがきましたの巻 ホロリ編

山本さんという西南学院の学生さんです。



彼女は、「九州学生ネットワークWAN」というNPO法人で活動をしていて、
学生さんたちの就職活動支援をしているそう。

偉いな〜と思いました。
自分が学生の頃って、自分自身の就職で手一杯だったし、
残りの時間はひたすら遊んでいたような…icon108

それはさておきicon123

その「WAN」の活動の一環として、8月8日(土)に
「社会起業支援サミットin福岡」というイベントを行うそうです。

“社会起業家”とは、ビジネスにより、社会貢献や
社会問題の解決を目指す活動をしている方々。

そういった社会起業家の方々の講演会や交流会を通し、
人と人のつながりを作って、社会貢献の流れを大きくしていきたい…
というのがこのイベントの主旨。
いろんな方に足を運んでもらうために、彼女自身がいろんなところへ足を運び、
PR活動を行っているのです。

ところで、就職活動支援の団体が、なぜ社会起業に関するイベントを?と聞くと
「今までの活動の枠を広げられるような、ゼロからの挑戦をしたかった」とのこと。

彼女の熱意と、真剣なまなざしに、襟を正される思いがしましたface07

リトル・ママも企業ですが、「子育て支援」を通して
社会貢献をしていくことを目指す企業です。
自分も、もっと頑張らなくては!

最後に、山本さんからのメッセージを。
「いろんな起業家の方や、NPOの皆さんは、それぞれに夢があって
 “やってみたい”と思うことに真剣に取り組んでいます。
 私自身、パワーをもらえますし、いろんな事にチャレンジする場があるのは、
 とても幸せなことだと思ってます。
 皆さんも、そのパワーを感じに来てください!」

いろんな人と会うのが楽しい!と、瞳をキラキラicon12させながら
語ってくれた山本さんでした。

イベントについては、下記icon74をチェック!
http://kg-wan.net/fccc/
  


Posted by リトル・ママ スタッフ │Comments(0)ホロリ

2009年06月18日

「ムギュムギュ」の巻 ホロリ編

以前、本誌の「食」コーナーで、ライターのヒトミンが
取材させていただいた「ウェルカム・デンタルクリニック」さん。

ここでできた縁で、ひとりのママとお会いしましたicon23

ハンドメイドのスリングを制作しているという大森さん。
話を聞くと、私・ホロリと、ヒトミン、大森さんは同じ学年で、
ちょっとした同窓会気分です♪

それはさておき…

大森さんが作っているスリングは、
「mugyuMugyu」(ムギュムギュ)という
自身の子育て経験を生かしたオリジナルの手作り品。



特徴は
●ママ一人ひとりに合わせたオーダーメイド品なので、ジャストサイズ
●負担を分散させるために、肩の部分の布が蛇腹のように広がる
●たて抱っこする時には、足の間に紐を通して固定できる
●抱っこ部分には、ストッパー(布の縁の絞り)が付いている
などなど。

自分が「こんなのがあったらいいな」と思ったものを
改良を重ね、いくつも試作品を作り、カタチにしていったそうですicon12

大森さんは、愛情込めて作ったスリングを手に取り
「赤ちゃんがねんねの時はもちろん、歩くようになってから
『抱っこして〜!』と甘えてきた時に、ママたちが気軽に
『いいヨ♪』と答えられるようになればいいな…と思って作りました。
このスリングを通して、多くの子育て中のママたちと繋がっていければ嬉しいです」
と笑顔icon194で語っていらっしゃいました。

まさにママ目線で作られた、ママのための商品です。
このスリングの売上の一部は、前述の「ウェルカム・デンタルクリニック」さんを通して、
ラオスのママと赤ちゃんへの寄付金として使われています。

また、スリングだけでなく、骨折時などに使える
「CareMugyu」も紹介してくれました。



気になる方は、大森さんのホームページをチェックしてみてくださいね。
http://mugyu-mugyu.sakura.ne.jp
  


Posted by リトル・ママ スタッフ │Comments(0)ホロリ

2009年05月08日

ロケに行ってきました!の巻 ホロリ編

今、ツキイチで放送されているFBS「めんたいワイド」icon13
とリトル・ママのコラボ企画。

本日、そのロケが行われたので、
私・ホロリが現場へおじゃましてきましたicon108

今回のテーマは「タダで遊べるおすすめスポット」。

こんな気持ちの良い季節には、ぴったりの企画ですね。

で、今日のロケが行われた場所は






放送を見てのお楽しみですicon194icon100

ロケには、リトル・ママの会員さんと
お子さんが来てくれました。
3才のゆうくん、撮影中も元気いっぱいです!
ママからも、おすすめスポットについての
いろんな情報が聞けました。

撮影風景はこんな感じ



後ろの景色で、どこだか分かるかも〜。
ヒントは…


リトル・ママユーザーには、おなじみの場所です。

今回の放送は5/11(月)の予定。
「めんたいワイド」を見逃さないでくださいね♪

こちらもチェック!
 ↓ ↓
http://www.l-ma.jp/fukuoka/mentai/index02.html

  


Posted by リトル・ママ スタッフ │Comments(1)ホロリ

2009年03月16日

「1/4の奇跡」の巻 ホロリ編

編集部にお客さまが来られました。
村上さんという、笑顔の素敵な女性ですicon12

村上さんからは、1本の映画を紹介してもらいました。
映画のタイトルは
「1/4の奇跡 〜本当のことだから〜」。



作品は、養護学校教諭の山元加津子さん(かっこちゃん)が主人公。
かっこちゃんと、障がいを持つ子どもたちの心の交流
そして周りの人たちの温かいまなざしを通して
「命の大切さ」
「自分が自分として存在していることの素晴らしさ」
「他者をありのままに受け入れられるよろこび」
を描いたドキュメンタリー映画ですicon112



話を聞いていて驚いたface08のは、作品にまつわる背景。
監督の入江富美子さんは、大阪在住の2児のママで、
映画については全くの素人。

ある大晦日の夜に「映画をつくろう!」とひらめいてicon53
見えない力のようなものに引っ張られ、後押しされながら、
いろんな人たちと出会い、応援を受けて、作品が完成したそう。
もちろん公開イベントなども全て手づくりicon10

そして、上映会で作品を観て心を動かされた人たちが、
全国で自主上映会を開き、すこしずつ感動が広がっていった…

人と人の絆を感じさせる素敵な話ですicon97

村上さんも、そんな絆の中のひとり。
ひょんな縁でこの作品の上映会に足を運び、
さらに、かっこちゃん本人の話を聞いて、
大きく心を動かされた村上さん。
そしてその感動を、他の人たちにも感じてもらいたいと一念発起。
福岡での上映会を主催することになったのです。

そんな村上さんからのメッセージ



「今の世の中、人と人のつながりの中で
『感謝する気持ち』が薄くなっている気がするんです。
だからこそ、多くの人にこの作品を知ってもらいたい。
映画を観た後、自分に、子どもに、そして他の人たちに対して
『ありがとう』という気持ちでいっぱいになれると思います」

映画の中で出てくるという
「みんな“いろいろ”でいいんだったら、心も“いろいろ”でいいはず」
このメッセージに、大切な意味が込められている気がすると、
村上さんは語ります。

村上さんが主催する「1/4の奇跡 〜本当のことだから〜」の上映会は
4月5日(日) 14時から「あいれふ」10階にて

ここからまた、新しい絆が広がっていくかもしれませんね。

詳しくは下記ホームページをicon74
http://www.yonbunnoichi.net/


  


Posted by リトル・ママ スタッフ │Comments(0)ホロリ

2009年02月06日

豊浦へ行こう!の巻 ホロリ編

突然ですが、小旅行に行くなら
どんなところがいいですかicon123

福岡から近すぎず、遠すぎずの場所で、
美味しい食べ物と、豊かな自然…
そして、温泉が楽しめる!

そんな場所がいいですよね。

そこでオススメしたいのが
山口県は下関市の、豊浦町。

2月5日(木)福岡市で「とようら観光キャンペーン2009inふくおか」が行われ、
主催の「豊浦町観光宣伝隊」岡本さんが編集部を訪問icon16してくださいました。



岡本さんは、CMでもおなじみ「川棚グランドホテル」の専務さん。
川棚といえば……そう名物「瓦そば」!
美味しいですよね〜face05

それだけじゃ、ないんですよ!
他にもふく(ふぐ)やイカなどの海の幸も豊かな土地なのです。
このイカは、特牛(こっとい)イカという、土地の名産品。
とっても美味で、他県からもひっぱりだこなのだそう。
イカなのにひっぱりダコとは、これイカに。

・・・失礼しましたface07

食だけでなく、文化・芸術の面でも充実しているのが豊浦町。
フランスの世界的ピアニスト、アルフレッド・コルトーが晩年ここに滞在し、
「ここに永住したい」という気持ちを抱いたという逸話が残っています。

また、放浪の俳人・山頭火も100日にわたって逗留し、
この土地で死ねれば本望…といった言葉も残しているそう。
芸術家たちに愛される、そんな空気が豊浦にはあるのかもしれません。

宣伝隊の岡本さんの言葉を借りると、
「海と山、四方を穏やかな風景に囲まれた豊浦町。
 温泉の泉質も、とってもやわらかで、気持ちいいんですよ」
そう語る笑顔が、町に対する愛情に溢れていました。

ちなみに、豊浦町では、
3月28日〜4月12日まで「春の菜の花まつりicon70」を開催。
30万本の菜の花が目を楽しませてくれます。
4月4〜5日は「川棚温泉まつりicon69」も開催されますよ。

また、今年の秋には、コルトーにちなんだ
「コルトーホール」を含む交流センター「川棚の杜」がOPEN予定。
ここでは、音楽やアート、民俗資料などが楽しめるそうです。

こんな魅力がたっぷりつまった
豊浦町へ遊びにいってみませんか?

そうそう、岡本さんからは
豊浦町のお土産もいただきました♪
温泉といえば・・・コレ!



川棚の温泉まんじゅうです
ごちそうさまでした☆

私も、きっと遊びにいきますね!
  


Posted by リトル・ママ スタッフ │Comments(4)ホロリ

2008年09月16日

ドロロロロン…の巻 ホロリ編

個性的な展覧会や、体験型イベントなど、
話題の多い「福岡アジア美術館」(通称あじび)。

ここで今、「ドロロロロン〜アジアの妖怪屋敷」という展示が
行われているという情報をキャッチicon100

編集部“ホロリ”が会場におじゃましてきました。

いきなり出迎えてくれたのは…



こんな感じの方でした。(本当は魔除けだそうです)

ここに登場するのは、アジア各地で伝承されてきた人喰い鬼や、
いたずら好きの精霊、妖怪の絵画や造形などなど。
ちょっぴり不気味ではあるけれど、怖いというよりユーモラス。
思わずニヤリとさせられるような妖怪たちに出会えました。icon194

これは、人間に対する皮肉をまじえて描かれた(?)作品
タイトルは「愚にもつかないおしゃべり」(写真手前)



そして、妖怪ではないけれど、福岡在住のアーティスト・角孝政さんの手による
ユニークなハイブリッド昆虫たちの造形「装甲可変生命体」も展示されています。



これには子どもも「かっこいい〜」と大喜び☆

この「妖怪屋敷」は9月30日(火)まで開催中ですicon112


ちなみに10月7日(火)までは、隣接する会場アジアギャラリーBで
「アカルイ☆ミライ−新中国の宣伝画」展も開催中icon12
あふれる色彩の中で、リアルと誇張が同居したユニークなポスターが楽しめます。

また、「あじび」の館内は広々とした授乳室やキッズコーナーなども充実していて



小さな子ども連れでも安心。
お弁当など持ち込みOKのカフェコーナーicon153もありますよ。

芸術の秋、子どもと一緒に「あじび」へGOicon16してみませんか?  


Posted by リトル・ママ スタッフ │Comments(2)ホロリ

2008年07月31日

親子で米粉パンづくり♪の巻 ホロリ編

全国的に夏休みicon125ですね。
親子で楽しめるイベントも盛りだくさん。

そこで、7/30に福岡市博多区にある福岡農政事務所で行われた
「夏休み親子料理教室」に行ってきました!
この料理教室で扱うのは「米粉(こめこ)パンicon28」。
会場では、ママと子どもたちが一生懸命米粉をコネコネしていました。



手順は、こねる→ひたすらこねる→丸くして休ませる→にんじん型にして平たく成型、それを丸める→
40分発酵→ドリール(溶いた卵)を塗る→20分焼いて、できあがりicon100

ふっくら焼き上げるには色々と技術が必要だった米粉。
でも最近ではそれも改善され、5〜6年くらい前から徐々に、全国的な広がりを見せているそうです。

さて、生地が発酵するまでの間は、ママたちは「消費者の部屋」で
食育のお話に耳を傾けます。食材の旬のことや、日本の食料自給率の話など、
分かりやすい具体例を絡めて話が進みます。



お話が終わった頃、パン生地の発酵も完了。子どもたちと一緒にドリールを塗ります。



塗り終えたら「焼き」に入り、間もなく完成!
子どもたちもワクワク〜icon64上手に焼けたかな?



お部屋に焼きたてパンのいい匂いがあふれます。できあがったパンは、親子で
「いただきますicon23!」



「かんでいると甘みが出てきて美味しいです。簡単につくれたので、お家でも作ってみます」
と、ママもニコニコface02です。

福岡農政事務所の元田さんは
「このイベントを通じて食育への関心を深め、食べもののありがたさを感じていただければと思っています。
お母さんと子どもの間に食を通した絆が深まれば嬉しいですね」とおっしゃっていました。

最近は大人も子どもも「朝食抜き」が多いのも気になるところ。
「食事バランスガイド」などをもとに食べることの大切さを感じ取って欲しいと
熱っぽく語ってくれました。

農政事務所の「消費者の部屋」は夏休み期間中に「夏休み子ども消費者の部屋」として解放され、
子どもたちに学んでほしい食育のことなどを展示中。自由研究にいかせる情報もいっぱいです。

ちなみに、リトル・ママ8月号の記事も、パネルで展示していただいています♪



ぜひ遊びに行ってみようicon108  


Posted by リトル・ママ スタッフ │Comments(0)ホロリ