2014年01月14日

ダンボール人形劇場「お花のハナックの物語」



ダンボール人形劇って知ってるかな?
人形劇俳優“たいらじょう”さんが、お話を考え、
ダンボールで人形を作り、演じるお話だよ。
前から気になっていたこのステージを
1月12日(日)北九州芸術劇場で初観劇してきました。

会場には小さいお友達がいっぱい。
みんなワクワク開演を待っています。

icon113「お花のハナックの物語」 story
ずっと地面に根をはってじっとしてるお花のハナックは、
動物たちが走ったりあちこち行ったりできるのを羨ましいなあと思っていました。
お星様がハナックの願いを叶えてくれて、1日だけ動けることに。
その代わりに他の生き物は、ハナックの身体がついてる間だけ動けます。
話してみると、みんなハナックのいいところをいろいろ教えてくれます。
ふうん、そうなのかあと意外に思うハナック。
そのうち、もっと動物たちと話したいと、自分の花びらをちぎってつけていくうちに、
花びらが残り1枚…あれあれ?なんだか体がきつくなってきて、地面に倒れ込み…。
ハナックは助かるのでしょうか?

感想から言っちゃいますicon77
とてもとても素敵icon97な舞台でした。

上演時間は90分。
小さい子にはちょっと長いかなあなんて思ってたけど、
動物たちが客席を何度も行ったり来たり、
子どもたちも一緒に声を出したり、歌ったりするから、
黙ってじっと観る劇ではないの。
一緒に遊びながらお話が進んでいく感じ。

最初もいきなりスタートするのではなく、
たいらじょうさんが人形のジョウくんと一緒に登場して、
しばらくおしゃべり。
みんなと仲良くなってからお話が始まるのです。

たいらじょうさんは小さい時から人形劇が好きで好きで、
友達がテレビゲームとかやってる時も人形劇ばっかりやってたんだって。
最初に作ったのが「クマがティッシュで鼻をかむ」
「また、クマがティッシュで鼻をかむ」
「また…」

っていうお話で、
子どもたちはこれだけでゲラゲラ大笑い。
子どもたちがあんまり笑うから大人たちも笑い、
会場はあったかい雰囲気に包まれます。

そして、たいらじょうさんは最初から最後まで1人きりで全身で演じて
汗ビッショリ。
じょうさんの「みんなを楽しませたい!」っていう想いが
ビンビン伝わってくるのが、感動の一番の理由かも。

きっとまた近くに来てくれると思うので、
その時はみなさんも是非!



同じカテゴリー(サッキィ)の記事画像
これぞ!冬のごちそう@ロイヤルホスト
「台湾エクセレンス」開催☆
映画『ふしぎな岬の物語』吉永小百合さん・竹内結子さん・成島出監督来福
映画『柘榴坂の仇討』中井貴一さん・広末涼子さん舞台挨拶
「博多水炊 とり田 博多本店」OPEN
駒形克己Workshop☆レポ
同じカテゴリー(サッキィ)の記事
 これぞ!冬のごちそう@ロイヤルホスト (2015-01-08 16:09)
 「台湾エクセレンス」開催☆ (2014-10-17 19:43)
 映画『ふしぎな岬の物語』吉永小百合さん・竹内結子さん・成島出監督来福 (2014-10-10 13:58)
 映画『柘榴坂の仇討』中井貴一さん・広末涼子さん舞台挨拶 (2014-09-19 18:09)
 「博多水炊 とり田 博多本店」OPEN (2014-09-08 17:01)
 駒形克己Workshop☆レポ (2014-07-11 09:42)

Posted by リトル・ママ スタッフ│Comments(0)サッキィ
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。